薬剤師になるために何を知るべきか

憧れの薬剤師
http://3d-universal.com/en/ 3D Student population by nationality

何かと安定していると言われている薬剤師だが、本当にそうなのか。このサイトではそんな面にも注目して、薬剤師とは何かを考察していく。

薬剤師として活動するためには

シャドウ

そういうことなら取るしか無い、と言えるような甘いものではない

世界的に見た場合、薬剤師とは凄いエリートなのだと見られるところもあれば、片や社会的ステータスとして警察や弁護士などと同じ、もしくはそれ以上だと見なしている国もあるなど、薬剤師というのが実は凄いというのを理解してもらえただろう。ならば目指してみるのもいいと一念発起するのは構わないが、当たり前のことだが簡単に資格を取得できるほどハードルは決して低くはない。そもそも国家資格として位置づけられているものをそのような不順な動機で取得するのもやはり間違っているだろう、そもそも国をまたいだ時点で日本の薬剤師免許が利用できるかどうかということも調べて有効ではないということもあるだろう。欲望まみれで取得するものではない、ということはきちんと自覚しておこう。

そもそもこのご時世で薬剤師の行う業務がどれだけ重要なものなのかを考えれば、ミスはまさに自分自身の人生を貶めることになってしまう事態にまで発展してしまうからだ。どういうことかというと、薬剤師となれば当然偉業業界に携わることを意味しており、最近でも色々なところで問題となっているのが医療ミスという問題だ。薬剤師ともなれば自分がもしかしたらそういった訴訟を起こされる立場になってしまうかもしれないという、そういった側面があることを自覚すれば危機感を持てるだろう。これが薬剤師としての業務において最優先事項とすべき命題だ。

薬剤師になりたくて

薬剤師にとっての医療ミス

医療ミスと言っても薬剤師の場合は医師とは違って体内にメスを忘れたり、体内にシリコンを何十年と放置したままにしていたなど、そういった問題を起こすわけではなく、薬剤師は調剤薬品の処方ミスというものだ。薬剤師、といっても公務員など研究などという完全に裏方として活動している人ではなく、実際に調剤薬局や病院へ勤務している人たちは患者が指定してきた薬を調剤して渡す、などといった手順は踏まない。診断を受けた医師からもらった処方箋を頼りに適切な分量で薬を配布することが原則となっている。自分好みのブレンディーなオリジナル薬品などと言われて安心して飲む、なんてファンタジーもドン引きのシリアス展開があれば、個人的な意見としては100回位張り倒したくなる気分だ。処方箋で指定された薬を配合して患者の症状に合わせた薬を提供する、これこそ薬剤師として最大の業務であり、決して怠ってはいけない仕事となっている。

お薬手帳の存在

ただ世の中基本理論だけで解決できるほど単純なものではない、特に薬となると配合されている薬品によっては服用した人に大きな副作用をもたらす事がある。意識が昏倒するなどといったこともそうだが、もっと代表的なのは眠気が突然出てきたりといったような物が一番一般的だろう。薬として確かな効果をもたらしている証拠かも知れないが、当然副作用が起きてほしくないと考えている人は多いはずだ。市販薬では不可能なことを薬剤師が行うこと、それこそ患者個人に合わせた副作用が起きないよう配合する薬を時に適切な量となるように調合することだ。

こうした時に役立つのがお薬手帳だ、手帳を持っていれば何時・何処で・どんな薬を処方されたか記載されていれば服用してきた薬の種類を見分けもでき、更に副作用などの問題があればすぐさま対応することが出来る。調剤薬局で薬手帳を持っていないと常に警鐘として持つように言われるのはこのためだ。正直筆者もここ数年で持ち始めたばかりの初心者同然なわけだが、いざ持っていると薬の成分などを調べられるという手頃さもあって、持っているだけで色々と調べ物が出来るというのも、お得感がある。

薬手帳の利点はそうした適切な調剤薬品を配合するための指針に出来る強みでもあるが、もう一つ重要なのは別の調剤薬局でも手帳の内容を参考に同一の薬を調剤できるという強みだ。そのため薬手帳は同じ調剤薬局ならば当然だが、もしも出先で別の病院へかかった際には手帳も一緒に持ち歩いていると、例え行きつけではない調剤薬局へ赴いても薬で困る心配はない。薬剤師にしても、医療ミスを防いで、患者に適切な薬を渡すためにも薬手帳の存在は必要不可欠であり、ミスを減らす意味でも最大最適のアイテムだ。

医療のお仕事

歯の矯正というとワイヤーを付けているのを想像するでしょう。 それが嫌だから歯の矯正なんかしたくないと思っている方にオススメしたい矯正歯科 マウスピース矯正では、クリアアライヤーという透明なマウスピースをご用意しております。 付けてても目立たない歯の矯正、気づかれず綺麗な歯並びを手に入れる事が出来ます。

インフォームド・コンセントが当たり前だからこそ

自分が服用している薬がどんなものなのか、またそれに対して医師から適切な説明を受けるのは現代では最早当たり前になっている。薬剤師さんもそれが分かっているからこそ薬について正しい知識を持ってもらうためにも説明を欠かさず行い、理解してもらわなくてはならない。医療ミスを減らすというのもそうだが、薬剤師による医療ミスが起きないようにするのは患者側が積極的に関与することで、ゴタゴタを回避できるのかもしれない。ただそういう意味では日本人は無関心さが露呈してしまうため、人任せにしてしまいがちなので、中々無くならないのかもしれない。