薬剤師になるために何を知るべきか

憧れの薬剤師
住宅のプロにおまかせください。赤穂 賃貸には、未来の夢がかなう住まいが満載!住宅展示場で見た、あの理想の住まいがここにも…。

何かと安定していると言われている薬剤師だが、本当にそうなのか。このサイトではそんな面にも注目して、薬剤師とは何かを考察していく。

やりがいと魅力を考察

シャドウ

薬剤師の仕事として

薬剤師と言われて重宝していると感じる人もいるだろう、だが日本という国だとあまり薬剤師として働いている人たちに対しての見方は何処と無く社会的な身分が低いと感じると思っている人がいなくもないだろう。世界的に見ても、日本のように薬剤師が増えすぎて困ると考えている国は他にないはず。ヨーロッパ周辺の国ではフランスのように薬剤師としての資格を日本だからと言って有しているだけで、エリートとみなされる国もあるくらいだ。またイギリスやアメリカのように国民の生活において一番身近で信頼できる、そんな風に見られている点もある。

勿論日本でも薬剤師の存在あってこそ安全な調剤薬品を飲んで健康的な生活を営めている人は多い、ただそれでも薬剤師に対して偏見といえるような屈折した見方で分析している人もいるはず。調合してもらった薬で治るどころか、余計に症状が悪化したなどといったことになったら裁判を起こして責任問題へと発展させる。勿論問題が起こればいくら信頼されているからといっても、その後の薬剤師としての経歴に泥を塗られる羽目になってしまう。アメリカは裁判大国などとも言われるくらい問題があればすぐに訴訟へと発展する、日本もそれは同じかもしれないが、それでも一般的な地位で言えば弁護士クラスと同レベルと言われているのだから、日本とは大違いだ。

さすがに世界と比較すると日本の薬剤師待遇も改善すべきではないのか、なんて問題にも繋がって話が広がってしまうため、一先ずこの辺で区切っておこう。日本の薬剤師というものは世界の中では決して低い立場にある訳ではないが、先端的に発達している国と比べると年収的な意味でも、社会的な地位にしても段違いだ。それでもこの仕事を全うしたいと考えている人は、薬剤師という仕事にどんな理想を抱いているのか。

薬剤師になりたくて

挙式まであと少し!プロフィールビデオがまだというあなた!SunnyWeddingならお写真が当社に到着して5日以内に映像を作成します。5日以内ですので混雑具合によってはたった1日で仕上がることもあります。

投薬による医療ミスを防ぐ

調合する薬による医療ミスという問題を防ぐことも目的だが、それらを防ぐためにも一番重要なのは処方箋を渡す際に患者の身辺状況を聞いて、またお薬手帳などを参考にこれまで副作用として発症したことがあるケースなどを探し当てるのも、薬剤師としての仕事の1つだ。この時、患者とのやりとりで医師には話していなかった実は、といったエピソードが紛れ込んでいる可能性がある。それこそ患者の薬における副作用という点でだ。

患者が服用している薬を知ることで、過去に同一の薬を飲んで何かしらの副作用が出たと告げるだけで調剤する薬の種類を変える、もしくは配合を指定されたものよりも少なくするなどの応用が求められる場面も当然出て来る。そうした際、患者自身がいつも服用している薬よりも少なく支給されたことを気にして質問してきた場合にしても、やはり丁寧で分かりやすく説明した結果で、今までよりもさらに良くなったということになれば、薬剤師としても患者としても双方に得をもたらすだろう。

投薬ミスを防ぐというのはもはや当たり前だが、本当の意味で防ぐためには薬剤師から患者に質問して、また患者が薬剤師へ薬に関する質問をすることによって、その薬を使用することで自分にどのような効果をもたらすか、そういった点でお互いに問題やこれからの改善点などに気づくことが出来ればお互いにお互いを必要不可欠のものとしてみなせる。これは薬剤師としての仕事のやりがいであり、そして最も単純な医療ミスが起きないようにするために出来る最善最良の方法となっている。

医療のお仕事

転職活動の強い味方!マイジョブ看護師求人の看護師求人 病棟 http://www.myjob-navi.com/転職コンサルタントサービスは、転職に関するご相談から採用・入職後のサポートまで、全て専任のコンサルタントが担当させていただきます。

女性が働きやすい

またこの薬剤師としての仕事で一番の魅力と言われているのが、女性が働きやすい職場だということ。言われて調剤薬局で勤務している薬剤師さんのことを考えてみると、確かに女性ばかり、というよりは女性しか見ないことも多いだろう。ドラッグストアに行けば男性の薬剤師さんもいるが、全体的な薬剤師としての数は圧倒的に女性が多い。

そもそもどうして女性に人気の高い仕事なのかと紐解いていくと、薬剤師が性別に関係なく専門性に特化したものであり、男女という性別の壁が存在せず、自分の実力で対等に仕事ができるというのもウリだという。国家試験に受かるまでの道のりは決して楽ではない、また結婚してから家庭に入って、子供が大きくなってからまた社会に出たいと考えた時に薬剤師としての資格を持って仕事を探すにしても非常に有利になるからだ。

資格を持っているだけで色々と有利になると考えられる職業は多いが、こうした資格の存在と将来例え仕事から身を引いたとしてもまた何時でも社会へ再起できやすいという点で、女性が目指しやすい職業であると見なされているようだ。