薬剤師になるために何を知るべきか

憧れの薬剤師
(株)ワールド・ワンでは豊中 中古マンションはもちろん、不動産売却に関してもお取扱いしております。お気軽にご相談ください。豊富な取引実績であなたの不動産ライフをサポートします!
当サイト古着買取 郵送をしてもらうためには、身分証明書が必要となります。運転免許証、健康保険証、パスポート、住民票、外国人登録証明書などを準備しておきましょう。

何かと安定していると言われている薬剤師だが、本当にそうなのか。このサイトではそんな面にも注目して、薬剤師とは何かを考察していく。

資格を取得する

シャドウ

資格を取得するためには

医師にしろ、薬剤師にしろ、医療業界で働けるというのは素晴らしいことであり、また世界的に少し違ってはいるが日本でも医療分野における専門家として働いていると言うのは、一種のプライオリティへと結びつくもの。当然、誇りを持って働いている人もいれば、自分の働きによって人一人の命を救えるかもしれないという可能性を内包しているため、ミスはあってはならない。人間誰しも間違いは起こすものではあるが、薬剤師を始めとした医療分野で従事している人にとってミスは人命を左右する一大事となる。中には患者のことを人体実験とばかりに見なしている人もいないのも事実、それ故に責任問題というのも大きく取り上げられてしまうため、医師として働くにしても、薬剤師として働くにしても、自分の間違いによって人を危険に晒してしまうという恐れを抱いてしまう。

薬剤師としての資格を取得することが出来れば職の選択に困る心配もないという側面も無きにしも非ずだが、同時に誰か一人を自分が引き起こしたミスによって誰かを殺しかねない。そういった点を考えるといくら将来安泰な職業だと言われている薬剤師を気軽に目指そうとする考えを持つことは実はとても危険なことかを理解してもらえると思う。薬剤師ははたから見ればそのような問題があるとは思えないものと思い込んでいる人もいるかもしれないが、実際のところ医師と同等クラスの危険が伴っていると考えてもいいだろう。

そんな薬剤師になると決めたら、どのようにして資格取得までの道のりとなるのかを見ていこう。

薬剤師になりたくて

薬剤師までの道のり

薬剤師となるための道のりは非常に長いのは周知の事実だろう。何せ実際に薬剤師になるためには薬学系の大学へ進学することが一番の近道となっており、在学期間はおよそ最短で6年間となっている。この間、現役で免許を取得できればそれに越したことはないが、浪人するということを考えても資格取得まで10年程度時間を要したという人がいてもおかしくはないだろう。一般的な意思を目指すにしても医学部で6年間在籍しなければならないため、苦労という意味では左程変わらない、と言いたいところだがやはり学ぶべき範囲と対象が異なっているため、楽ではないのは間違いない。

ちなみに、既卒した人が薬剤師を目指すというのは問題ではない、厚生労働省が公表している受験資格には薬学部を6年間修了していれば、例え既卒者でも受験はできるという。ただ医師免許と同様、一年に一回しか受験機会が設けられていないため、一度落ちたら1年間の辛抱を要することとなる。この時、現役学生にも負けないように勉強しなければならないが、最近だとこうした資格のために卒業する道を取ろうとしない、あえて留年して現役であり続けることを選ぶ人もいるという。ただこの道も結局は金銭的な問題を解消できなければ意味が無いため、そこまでの資産を持っていなければ現実的ではないだろう。

需要が増え続けている

一方で、薬剤師というものが実はこんなにすごいいいものだと紹介される機会が多くなっていることから、ここ数年で薬剤師を目指す人が増えてきていると言われている。それが意味することは学生不足に悩まされることはないという点もそうだが、それ以上に危惧されている問題としてあげられるのは今後間違いなく薬剤師が増え続けてしまう点が問題視されている。増えることで就職先がどうなるかというと、需要過多となってしまって就職に困る人が出て来てしまうという。

この問題は最近良く言われているが、本当にそうなのかと疑問に思うところもある。増えるといってもそれは全国的に増えるのではなく、都市部を中心とした地域にだけ手が余るほど増えていってしまい、一番肝心の地方経済では薬剤師不足に悩まされるという、お馴染みの問題が発生してしまうのではないかと分析している人もいる。

そういう意味でも薬剤師として勤務することになったとしても、都市部で働けないと給与的な意味で苦労を要する。逆に田舎で就職できたとしても満足な手取りで生活できる保障もないという、そんな問題も出てきてしまうはず。増えすぎて困るという問題も顕著になりつつあるのかもしれないが、都市経済としての観点で言わせればそうした不足問題が正しいかどうか、見極める必要はありそうだ。

医療のお仕事

薬剤師としての自覚

薬剤師になってミスを起こせば医療ミスとして扱われる、当然そうなれば社会的な地位もそうだが、下手をすれば薬剤師として活動することができなくなる可能性も大いに有り得る。安定しているからという理由で目指す人もいるかもしれないが、そういった意識で目指すような仕事ではない。当然だが薬学やそういった理学系の知識を学ぶことに抵抗感を覚えることに悔いはない人が目指すべき職業だ。

ただただ世間一般で言われているような安定がほしいために目指す仕事ではない、薬剤師というのがどれだけ大きな役割を持っているかを考えれば安易な決断を下すべきではないのだ。