薬剤師になるために何を知るべきか

憧れの薬剤師
アットホームのオリジナル動画コンテンツ明日への扉で日本の素晴らしさを再確認しましょう!日本伝統の素晴らしさと、伝統を受け継ぐべく努力を重ねる若者達の生き様は世界に誇れる宝です!
紹介先企業に入社された場合の入社祝い金プレゼントや経理業務に役立つセミナーが無料で受講できる2大特典もご用意しています。経理の求人探しはサポートナビ経理におまかせ!
当サイト古着買取 郵送をしてもらうためには、身分証明書が必要となります。運転免許証、健康保険証、パスポート、住民票、外国人登録証明書などを準備しておきましょう。

何かと安定していると言われている薬剤師だが、本当にそうなのか。このサイトではそんな面にも注目して、薬剤師とは何かを考察していく。

社会人からなれるものか

シャドウ

動こうとしている人は多い

薬剤師という職業についてはおおよそここまで話したとおりだが、こうした背景を良く加味している、もしくは世間一般で騒がれている、もしくは何かしらの情報を得たことで自分のことを考えてこれからを薬剤師という肩書で生きていけないかと考える人も出て来るだろう。当然だが、苦難など重々承知した上で挑まなければならない。学生であったとしても6年間の学業を修了しても無事に薬剤師の免許が取得できるとは保証されていない。全ては自分の実力次第だからという点を考慮すれば、真面目な学生生活が求められる。将来が安泰だからというような理由で目指す人もいるだろうが、中には将来皆が悩まされている病を改善できるような薬を開発できるようになりたい、なんて高らかな夢を抱いている例もあるはず。

色々と考えられるケースはあるが、今回はその中でもこれまで全く薬剤師になろうとも考えたことのない『社会人』がもしも薬剤師を本気で目指すとなった場合、果たしてその希望を実現させることは出来るのかどうかを考えてみる。どうしてこんな事を考えるのかというと、実際社会人経験を持っている20代中盤からの若者は勿論、中には40歳の子持ち女性が薬剤師になると夢を持つなどの情報が、色々と探していると出て来るからだ。そういった人たちの希望通りに事が進行するかどうかといった点にも注目して、考察していってみよう。

薬剤師になりたくて

ホームページを立ち上げるなら、まずはレンタルサーバーを!

勉強が出来るかどうか

社会人から今一度夢に向かって走りだす、悪いことではない。人に言わせればそんな夢みたいな物を持つより堅実に生きた方がマシだと、そんなことをしている暇があるなら死に物狂いで働いて、今を生きるほうが大事だと考えている人もいるだろう。この時代、薬剤師のような職業に困らないと言われる仕事を見つけるほうが苦労する。国家資格を持っているだけで当然、仕事先を選ばなければ就職の門扉は大きく広がるとなれば、今の自分が立たされている境遇に満足できないと感じているなら、収入を増やすという点からしても悪くはない選択肢だ。

薬剤師になるとしても年齢制限のような用いられていない、資格を取るだけなら誰でも目指そうと思えば目指せる、が。一番の問題としてあげられるのは何と言っても勉強だ。そして薬剤師になるためには一番手っ取り早いのが薬学部のある大学へ進学すること、すなわち受験しなければならない。もちろん大学への進学ではない、スクールも存在しているが、それでも入学をするにしても色々な意味で負担を要する。

当然ながら薬剤師を目指すということは現役学生に混ざって大学、もしくは薬剤師を目指せる学校で勉強をし無くてはならない。この時、当たり前だが勉強なんてしたくないと思った時点で薬剤師は諦めるべきだろう。勉強しないで取れるような資格ではないことは散々説明してきたので、大学への進学ではないスクールでも最低一年間は勉強漬けの毎日に逆戻りになっても覚悟できるだけの根性を持っていなければならない。

独学でなんとかなるものではない

薬剤師を目指す際、独学でなんとかなるということはない。覚えることが山ほどあるというのもそうだが、恐らく勉強しなければならない量は通常の大学入試レベルとは比較にならない。薬剤師の国家試験はより実践的な知識が求められ、それらを学校に通わないで自分の力で知識としてものにするというのは、正直な話現実味は薄いだろう。医師を目指す人にしても必ず医学部を目指すものだ、それと同じで薬剤師という学問もまた同様に学校機関で専門的な勉強をすることで集中的に勉強をした方がより合格も近づきやすいだろう。

そもそも独学で勉強して知識として得られる人など、恐らくどんなに探しても簡単に見つかるものではないから、そういう意味でも学校には通った方がいい。

医療のお仕事

出張マッサージ 大阪若葉-wakabaのとってもおトクな連日制割引2日目¥1,000-OFF!

学校に通うことを必須として

社会人として勤務していた人が薬剤師になろうとした場合、学生へ戻る事が前提となる。そこをなんとか働きながら勉強できないかと考えている人もいるかもしれない、親の援助など期待できないような人が目指すとするなら、残念ながらその夢を実現させるのは本当に困難だ。

そのため既に働いている人が薬剤師を目指すとした場合には数年間は生活できる程度と、さらに薬剤師を目指す上で必要な学費などを込みで貯金しておくなどの事前準備が必要になってくる。当然だが大学6年間となると貯められるような値段ではないため、奨学金にしても、親からの援助にしても色々と手を考え無くてはならない。

これは事実であり、決して否定することの出来な現実だ。薬剤師を目指すとしたら社会人から学生へ逆戻りして、そこからリスタートを切る覚悟を持たなければならない。