薬剤師になるために何を知るべきか

憧れの薬剤師
歯の矯正というとワイヤーを付けているのを想像するでしょう。 それが嫌だから歯の矯正なんかしたくないと思っている方にオススメしたい矯正歯科 マウスピース矯正では、クリアアライヤーという透明なマウスピースをご用意しております。 付けてても目立たない歯の矯正、気づかれず綺麗な歯並びを手に入れる事が出来ます。

何かと安定していると言われている薬剤師だが、本当にそうなのか。このサイトではそんな面にも注目して、薬剤師とは何かを考察していく。

仕事との両立は不可能

シャドウ

進学を選び、仕事を棄てる

社会人が薬剤師を目指すとした場合には0に近い状態で不可能、ということではない。ただ受験資格にあるような薬学部を修了したという経歴がないと受験できない規則となっているため、社会人から目指そうと考えている人は基本的に仕事を辞めるのは必須となる。そして大学受験に備えての勉強と受験、合格した後の6年間は最低でも勉学に励まなければならない。例えば25歳の人が薬剤師を目指すとした場合、最低でも一年間の勉強期間を経て大学に合格後、それから6年間は学生へまた戻って生活をしなければならない。そして迎えた6年目に薬剤師の試験に合格して卒業すれば、晴れて薬剤師として活動できる。この時まだ31歳前後だとしてもまだまだ働き口がある上、資格を持っていれば薬剤師としての仕事に特化して企業や形態を選ばなければ再度社会人として復帰することは容易だ。

なんとか仕事をしながら学生としての側面を過ごせないかと切望している人もいるが、現状の日本で薬学部で夜間を設置している学校は存在していない。そのためすべての授業が昼間となっている。夜勤の仕事ならというが医学部などに見られる研究だらけの学生生活でアルバイトのような物をしながら、というのも現実的ではない。貯金を作るというのはこういう事を想定して、数年間は生活費を捻出しなくてもいいぐらいお金を貯められ無くてはならない。

目指す分には問題はない、しかし本格的に目指すとなったら仕事をしながら薬剤師を目指すという選択肢は持つべきではないというのは、一般的な見解と言っていいだろう。

薬剤師になりたくて

皮膚病を持っている愛犬の場合ですと犬用シャンプー 頻度は変わってきます。 大切に、長生きしてもらいたい大切な家族の健康を守る、低刺激シャンプーならT4合同会社! アメリカで認められたシャンプーを是非お試しください。

社会人入試は実施している

薬剤師を社会人から目指すとしたら勉強する時間も作れて、普段から勉強する時間を持って勉強にもついていけるだけの器量があればアルバイトをすることも出来るだろう。しかしそれも卒業が近づくごとによってアルバイトはできなくなると考えるべきだ。卒業研究は勿論、国家試験に向けての勉強と忙しくなる時期にアルバイトなどという悠長なことをしている時間は存在しないと考え無くてはならない。そうしてなんとか関門を突破できたとしても、その次には年齢的な意味で色々と苦労をすることもあるかも知れないが、そういった苦労も了承していなければならない。

だが社会人の中にも、大学を卒業している人は授業を受ける年数を減らせる可能性はある。そういう意味でも社会人としてこれまで働いていた人は共通して利用することになる『社会人入試』を利用して入学しようと考えているだろう。

この試験を利用するのは構わないが、当然ながらこの試験を利用するとメリットとなる部分も出て来ることもあるが、反対にデメリットの部分が浮かび上がってきてしまうという問題も抱えている。少しそうしたメリット・デメリットの側面を見てみよう。

医療のお仕事

経験豊富だから大丈夫! 株式会社を設立するなら安心しておまかせください。 東京Smileは顧問先数500件以上! 創業20周年を迎え、設立支援実績も豊富な当事務所におまかせください!

社会人入試のメリット

メリット-1.単位認定による授業時間の減少
メリットについては先ほども紹介した授業時間を減らせるかもしれないという点だ。これはつまり、他大学の卒業時に獲得した単位を合格した後に単位認定してもらえれば、その分だけ卒業までに獲得しなければならない授業を減らせることも可能だ。
これでももし大幅に減らせれば6年から3年といったように半分に減らすことも出来るため、大学を卒業しているのであれば社会人入試における単位認定でどんな科目が認定されるのか調べてみるといいだろう。
メリット-2.入試科目の数
社会人入試では必須科目となるものは化学や生物といった薬剤師に必要な知識の科目と小論文を化しているところが多く、一般的な現役生が目指す上での5教科全てを受験する必要がないという点だ。勉強する数が少ないのがありがたい、なんて考えている人もいるかもしれないが、化学も生物も苦手と言われたところで根性で学ばなければならないため、その点は死ぬ気で頑張るしか無い。

社会人入試のデメリット

デメリット-1.単位認定の科目
メリットで紹介した単位認定だが、これは卒業した学部によって認定できる数が決まっている点を考慮しなければならない。先ほど紹介したようなケース、大幅に授業時間を減らせるというのは理学や理工といった学部へ進学している人たちは期待できるかもしれない。対して文学系の学部になるとそういった授業を専門に扱っていないため、単位認定されても本当に限られたものしか認められないというデメリットも存在しているため、授業時間数を対して減らせないということもある。
デメリット-2.合格枠の定数が非常に狭い
そしてここが一番社会人入試の関門と言ってもいいが、当然ながら一般入試とは違って合格できる人数と店員は非常に狭き門となっている。合格できたとしてもせいぜい1人、もしくは2~3人というレベルしか合格できない。受験してもこの倍率を勝ち抜かなくてはならない。
デメリット-3.入学後から専門的な授業が待っている
無事合格しても、途中編入となると授業の内容がいきなり難易度の高い専門的な授業を受け無くてはならないという点もある。それだけでも既に数年そこで勉強している学生から一歩出遅れた状態となっているため、学ぶ上では人一倍の努力が求められる。

やっぱり甘くはない

世間で言われる安泰などと言葉につられて目指そうと思うのは構わないが、こうした現実が待っていることを認識している人は少ないだろう。こうした点を改めて見てもらえれば分かるように、社会人が目指すぶんには悪くはないが、そうなったら仕事は辞めて学生として再度勉強漬けの毎日を送らなければならない。そんな生活に戻っても平気で、経済的にもなんとかなるという人は目指してみてもいいのではないか。