薬剤師になるために何を知るべきか

憧れの薬剤師
ホームページを立ち上げるなら、まずはレンタルサーバーを!

何かと安定していると言われている薬剤師だが、本当にそうなのか。このサイトではそんな面にも注目して、薬剤師とは何かを考察していく。

どんな仕事をするのか

シャドウ

漢方と調剤薬品とは違う

現代の薬剤師とかつて日本に存在していた薬剤師としての一面を持ち合わせている医師たちとは、一線を画している。そもそも現代における薬剤師と古中の時代における薬剤師というものの仕事も異なっている。現代の薬剤師とはいわば西洋医療による技術進展によって成り立っていった現代医療というべきもので、日本で古来から受け継がれてきた東洋医療をベースとしたものではない。何も東洋医療としての薬剤師そのものが消滅したわけではないが、それでもきちんとした医療技術として認められている訳ではない。どういう形で継承されているのかというと、街中を歩いていると見かけることもあるかも知れないが、『漢方薬局』などが良い例だ。

漢方を作るにしても資格は必要、無資格で調剤したものは何が起きるかわかったものではない爆弾だ、なので基本的に営業しているのはそうした資格を有しているところが主だっている。ただそこで処方される薬とは通常、医師に診断された処方箋を元に調剤された薬とは別物だ。東洋医療とは本来病気の原因となっている根源を直接抑えるような効能も多少なりとも持ち合わせているが、基本的な原理としては自然治癒力を高めるということこそ、東洋医療の理念となっている。現代医療で考えれば実に不明瞭な理論だと思われてもしょうがない、現代医療としての形で考えればそれらをまともな医術として考えている人は若い世代ほどいないだろう。筆者もそこまで老けこんでいるわけではないが、ただそれでも知識として備わっていなければ現代の医療こそ全てである、そう考えていたに違いない。

西洋医療としての薬剤も勿論大事であり、薬剤師の存在も重要だ。ただ何もかつて主力だった東洋医療を否定するようなこともしない、というより出来ないだろう。形こそ違っているが、仕事内容にすれば別段特別な変化が伴っていると、そう言い切れるものではないからだ。扱う薬の種類などが変化していった、そう見てもいいのではないかと考えている。

薬剤師になりたくて

主な仕事内容

薬剤師の仕事を大まかに考えてみると分かると思うが、調剤と薬に対する説明などが最も一般的な仕事だろう。それに対して漢方を処方することを目的としている職、世間的には『漢方養生指導士』と言われているその仕事とを比較してみると、一番の違いとしてやはり『国家資格』か『民間資格』かの違いだ。この2つは限りなく遠い存在であり、大きな隔たりとして存在しているこの2つの資格を分けるものはそれぞれが扱える事の出来る薬品なども関係している。

薬剤師の場合 漢方養生指導士の場合
仕事内容 調剤・服用指導 漢方の調剤・服用指導
扱える薬の種類 劇物を含めた薬品全て(漢方含む) 漢方のみ

改めていうことになるが、違いとしてはやはり劇物となるものを多数取り扱って、人体の不調を治すように調剤する薬剤師の存在は国家資格だけあって責任問題にも関係してくる仕事だ。取り組み方としても最悪の場合は処方した患者の命を左右しかねない大問題に発展するため、人の命に直接的な関係性を持っている。

これに対して漢方養生指導士は当然のことながら西洋医療によって伝播された薬剤を始めとした薬品類を取り扱うことは禁止され、薬剤師が使用できるのは通常食品としても販売されている生薬などのベースとした漢方を用いるだけだ。漢方を利用することにより自然治癒力、中国から伝来している気から健康を保持していこうとする考えの元で行われているため、通常薬と呼ばれるものは取り扱っていない。漢方養生指導士の代表的な処方としては『薬膳』といえば想像も付くはず。

元から違っていることは理解している人も多いと思うが、こうして分析して見ると取り扱う薬というものが根本から異なっているものの、実際に行っている業務はそれほど大きな違いは生まれていない。

医療のお仕事

一般社団法人むち打ち治療教会の認定院です。腰痛 治療院 永田東洋鍼灸整骨院は腰痛、肩こりをはじめとした患者様の痛みやケガに対して施術を行っております。皆様のご来院、お待ちしております。
当サイト古着買取 郵送をしてもらうためには、身分証明書が必要となります。運転免許証、健康保険証、パスポート、住民票、外国人登録証明書などを準備しておきましょう。

きちんとした扱い方を説明する

薬剤師と漢方養生指導士の仕事の共通点は、どちらも正しく使用して健康になるための指導と適切な調剤が基本となっている。薬剤師については当然人体に対して副作用などをもたらす危険性があるため、必ず用法を守って服用しなければならない。昔からよくある勘違いとしては、たくさん飲めば治りが早いという困った理論を展開する人だ。そういう人に限って薬剤師の説明をまともに聞かないで薬をきちんと服用せず、また多く摂取しすぎたことによって別の症状が発生して事態が悪化するなんてことも、よくある話。

漢方にしてもそう、いくら実際の薬を使用していないからといっても、肉体の自然治癒力を高めるためには適量を摂取するなどの指導が必要だ。こちらはこちらで過剰摂取や本来の使い方とは違う漢方の扱い方をすれば当然悪影響は出て来るもの、いくら食材だからといっても多く服用すればいいというものではなく、多量に摂取しても体の中でキチンと処理される量は一定されている。

指導という意味では両者とも重要だ、ただこうした仕事内容も職場によって変わってくるもの。特に薬剤師となれば職場が変わるだけでやらなければならない仕事が様変わりするという。